沖縄コワーキングスペース情報

沖縄本島・那覇を中心としたコワーキングスペース・シェアオフィス情報

コワーキングスペース 沖縄本島 那覇

長時間作業をしたい人に!沖縄でフリードリンクを飲めるコワーキングスペース

投稿日:2018年2月27日 更新日:

パソコン作業を自宅で行うのは、億劫になりマンネリ化してしまいますよね。
そういう時におすすめなのが、長時間滞在可能なコワーキングスペースやカフェです。

県が対策としてWi-Fi整備と整えているので、探せばWi-Fiと電源のある店は多くあります。
しかし、長時間作業をするなら、できれば「フリードリンク可能」も選びたいところ…。

今回は、沖縄でフリードリンクで作業できるコワーキングスペースやカフェを紹介します。

お洒落な空間で作業をしたい人におすすめ

Topothesia

多くのフリーランス・学生たちが集まるトポセシアは、琉球大学北門より徒歩30秒にある白い建物に赤いロゴが目印です。
イベントやセミナーが、ほぼ毎日開催されているので、暇な時にカフェとして利用するのも、新しい自分と出会えそうですね。

住所   :沖縄県宜野湾市我如古2丁目12-6
営業時間 :11:00-25:00(年中無休)
設備内容 :Wi-Fi・プリンタ・フリードリンク・物販有り
利用料金 :1時間350円〜5時間800円
公式ホームページ:http://topothesia.jp

よなくる

人と街を繋ぐコミュニティを目指すよなくるは、与那原警察署から歩いて少し、知念耳鼻咽喉科と同じテナントに入っています。
11時〜15時のランチタイム以外は持ち込み可能で、フリードリンク+フード代にならずに経済的です。

また、料金が「利用した分だけ」の後払いなので、作業と利用時間で慌てる必要がありません。
オープンスペース・テーブル席は勿論、1人用ソファやカウチソファなどがあります。
机じゃなく膝にPCやタブレットを置いて作業するのが落ち着く人も、違和感なく作業できるのでお勧めです。

住所   :沖縄県与那原町上与那原335-1
営業時間 :営業時間・定休日に変動があるため、HPをご覧ください。
設備内容 :Wi-Fi・電源・フリードリンク・雑誌・新聞・充電器/iPad貸出・複合機・駐車場有
利用料金 :90分以内500円・3時間以内700円・5時間以内1000円・1日1300円
公式ホームページ:http://yonakuru.jp

個性に特化!特殊な機材を求めているならココ

Tob’spot

機材サービスが特化されているタブスポットはゆいレール旭橋から徒歩1分、TBCビル2階にあるコワーキングスペースです。
会員登録をして受付をすると、飲物・Wi-Fi・電源は勿論、EIGHTスキャン(名刺専用スキャナー)も自由に利用できます。

別途料金が必要ですが、業務用スキャナー・フラットスキャナー・断裁機が置いてあり、OCR・断裁・電子書籍化・製本が出来ます。
沖縄で初めて電子化できるオープンシステムとして作られた、書物に特化しているコワーキングスペースです。

住所  :沖縄県那覇市東町20-7TBCビル2F
営業時間:10時〜20時、日曜日が定休日です。
設備内容:各プリンター・各スキャナー・断裁機・日経MJ新聞・ロッカー・ウォーターサーバー・レンジ・電気アクセサリーなど
利用料金:2時間500円、延長250円。会員登録時に2000円のデポジットが必要、機械によって別途有り。
公式ホームページ:http://www.tabpot.com

一律料金!安心して作業が出来る場所はココ

Beni cafe

時間制限なく、一律で料金を決めているコスパ最高のコワーキングスペースBeni cafeは、壺川駅から徒歩で7分にある三階建ての建物です。

一律550円と安いですが、安かろう悪かろうではなく、清潔感もあり、文房具の貸し出しもあります。
パソコン作業だからとウッカリ文房具を忘れてしまったり、パソコンより手書きの方がいい時に有難いですよね。

住所  :沖縄県那覇市古波蔵3-3-10 サンサンホール2-A
営業時間:13:00〜22:00、火曜日が定休日です。
設備内容:Wi-Fi・電源・文房具、飲食物持ち込み可能です。
利用料金:550円、会議室貸出・1時間1000円、追加500円
公式ホームページ:https://www.facebook.com/beniworking/

コワーキングスペース OCEAN21

本州にもチェーン店があるコワーキングスペース「OCEAN21」も、一律で料金が決められているので安心してゆっくり作業が出来ます。
1日いても500円と安く、学生証を提示すると無料になるため、学生の利用者も多いコワーキングスペースです。

ここのお勧めは、何といっても本の量で、ビジネス資料から絵本まで、幅広く取り扱っています。
子育て向けのブログを扱う人から自分の職の参考書まで、様々な本を参考に出来る上に、500円とは破格ですよね。

住所  :沖縄県浦添市宮城6丁目5番1号2階
営業時間:9:00〜20:00 ※土日は事前要予約
設備内容:Wi-Fi・電源・プリンタ(別途)・ホワイトボード・駐車場など
利用料金:1日500円
公式ホームページ:https://www.facebook.com/tsunagaruo/

沖縄には他にも個性のあるコワーキングスペースが沢山!

沖縄にはシェアハウス型コワーキングスペースや北端や離島にあるコワーキングスペースなど、個性のあるコワーキングスペースも多く、本州より穏やかな環境が多いです。

ドリンク持ち込み可能な場所も多数あるので、自分に合う店を探してみてくださいね。







-コワーキングスペース, 沖縄本島, 那覇
-, , , , , , ,

関連記事

IT特区があり、Web系の中小企業も多い沖縄。エンジニアにとって働きやすいのか?

ITエンジニアは基本的にクライアントから受託されてサイト制作やアプリ開発を請け負っているでしょう。 フリーランスで働いていてクライアントがすでにいる場合は気にする必要はありませんが、IターンやUターン …

カフェや図書館は落ち着かない?コワーキングスペースを利用するメリット

カフェや図書館など、落ち着いた環境で仕事ができるのでは、とても居心地がいいですよね。 カフェの場合は、ドリンクバーや好きなものを提供してもらえて、図書館の場合は資料をすぐに探すことが出来るのがメリット …

思っているより都会。全国有数の人口密度を誇る沖縄県那覇市の経済事情

沖縄県と言うとどういうイメージがありますか? 国内の旅行先の人気投票はサイトによって異なりますが、沖縄県も上位によくランクインしています。 そんな旅行に行きたい場所「沖縄」の中心である那覇市について今 …

フリーランスの強い味方!沖縄・那覇近郊にあるコワーキングスペースまとめ

沖縄県の中でも那覇市は空港からゆいレールでアクセスしやすい地域です。 中でも国際通りは、牧志公設市場やお土産店が並ぶので観光で来た人は旅行中必ず一度は立ち寄るスポットといえます。 フリーランスやビジネ …

ちょっとした作業に!那覇新都心エリアでおすすめのカフェ

那覇新都心とは、沖縄県那覇市の北部にある再開発地区です。 大型ショッピングセンターや総合運動公園など、大きな施設が多く便利な街です。 目次 おもろまちってどんな所?実は1999年以前は違う名前だった! …