沖縄コワーキングスペース情報

沖縄本島・那覇を中心としたコワーキングスペース・シェアオフィス情報

コワーキングスペース 沖縄本島

カフェや図書館は落ち着かない?コワーキングスペースを利用するメリット

投稿日:

カフェや図書館など、落ち着いた環境で仕事ができるのでは、とても居心地がいいですよね。
カフェの場合は、ドリンクバーや好きなものを提供してもらえて、図書館の場合は資料をすぐに探すことが出来るのがメリットです。
しかし、図書館の多くは飲食禁止なので、多少のデメリットもあります。
今回は、「カフェや図書館では物足りない!と言う人にコワーキングスペースを勧めたい利用」について紹介しますね。

周りの目が気になる?カフェで仕事をするメリットとデメリット

沖縄に観光で行ったり、住んでいても気分転換にカフェで仕事をする人もいるでしょう。
カフェでは飲み物なども好きな時に注文が出来るので、Wi-Fi環境だけ整えれば問題は無いかもしれません。
しかし、沖縄は観光地なのでカフェも混雑になることも多く「長期滞在は迷惑」など周りからの目が気になることもありますよね。

一部のファーストフードチェーン店やカフェチェーン店では、フリーWi-Fiや無料コンセントの貸し出しなどが行われています。
飲食物の値段で作業が出来るので嬉しい環境に思えますが、中には「飲食を目的としてない1時間以上の滞在は固くお断りします」という注意書きもあり、マクドナルドではフリーWi-Fiは1時間のみと設定されています。

カフェでの作業のメリット

  1. 1〜2時間以内の作業なら無料Wi-Fiが使える可能性がある
  2. ドリンク代だけでWi-Fiやコンセントが使えるのでコスパが良い
  3. 気軽に昼食なども取れるので、作業の手を止める時間が少ない
  4. 周囲に人を観察して、経験やネタとして知識が増えることがある

カフェでの作業のデメリット

  1. 無料Wi-Fiによっては時間制限があるため、途中で中断する可能性がある
  2. 飲食が目的以外の滞在は遠慮してほしい店がある
  3. 周囲の目や音が気になって、作業効率が下がる可能性がある

以上の点が、カフェで作業する際のメリットとデメリットだと思います。
周囲の目が気にならない場合は、観察をして自分の知識に出来るので、良い環境かもしれません。
しかし、長期滞在になる場合は、スタッフにいつ注意されるか、Wi-Fiが切れないかなど気になる点も多いのが事実です。

飲食を我慢する必要がある?図書館で作業をするメリットとデメリット

図書館によっては、申し込みを行うことでWi-Fiを借りることが出来る場所が多々あります。
しかし、中には、「パソコンのキーボードを打つ音がうるさい」などを理由にパソコン作業を禁止にしている図書館もあります。
図書館で作業をすることに興味がある方は、近所にある図書館の公式サイトなどで確認をしてみましょう。

図書館で作業をするのにメリットとなる点について

  1. 無料で出入りが出来るのでコスパが良い
  2. 申し込みによってWi-Fiを借りることが出来るのでパソコン作業も快適にできる
  3. 図書館の書物から、ネットに載っていない詳しい内容を探すことが出来る

図書館で作業をするのにデメリットとなる点について

  1. 学生なども自由に出入りが出来るために、騒がしい図書館もある
  2. Wi-Fiの貸し出しが行われていない場所もあり、「作業音がうるさい」と苦情を受ける可能性がある
  3. 書物を借りるためには、その地域の住民票がいるため、単身赴任などで一時的に利用する人には向いていない

出入りが自由な分、Wi-Fiが使えても、周りの目が気になったり、雑音で落ち着かない環境になることがあります。
そういう場合は、「大学図書館」を利用することも1つの手です。
大学図書館は、出入りをするのに年間料を支払う必要があるので、小さな子供などが入ることは出来ません。
また、有料施設の為、コンセントの設備なども一般的な公立図書館よりも充実しているので作業がしやすい場合も多くあります。
パソコン禁止と言う場所もありますので、一度近所の大学図書館に問い合わせをしてみるのもいいかもしれませんね。
沖縄県の場合は大学図書館は交通の面で行きにくい印象があるので、家の近くにある場合は別ですがあまり実用的ではないかもしれません。

カフェや図書館は落ち着かない!それならいっそのこと「コワーキングスペース」を利用してみませんか?

周囲の目や施設のルールが気になって、効率を下げてしまうのは勿体ないですよね。

確かに、カフェや図書館での作業はコスパが良いですが、周囲が気になって集中力が低下してしまっては意味がありません。
そこで、お勧めしたいのが「コワーキングスペース」です。

コワーキングスペースとは、フリーランスの方に向けたイベントなどコミュニケーションを主に取ることが出来るシェアオフィスのようなものです。
1日〜1年と期間プランは様々あり、その中には、数時間と言う1日未満のビジタープランもあります。
プランの他にもオプションやドリンクバー、プリンターや書物など、フリーランスの為の設備が揃っている場所なので、無理せず作業を行うことが出来ます。

また、「コミュニケーションを主に取るのが目的の空間」なので、他人の作業の音がするものの「場違い」のような周囲の目や感覚を気にする必要がありません。

店舗によって、空いている曜日や時間は様々なので、自宅や勤務地から近いコワーキングスペースを検索してみてください。

HPが用意されている場所は、基本的に「写真」や「イベント」や「プラン」など細かい紹介がされている場所が多いです。
なので、まずはHPでどのような空間なのかを確認して、機材などの設備、短期プランもあるのかを確認してみましょう。

コワーキングスペースは、コミュニケーションを取ることを大切にしているため、個別席がない場所が多くあります。
しかし、別途で個別席を準備してもらうことが出来る店舗もあるので、気になるお店のHPを参考にしてみてください。

周囲の目やドリンクなどを注文しなおすなどを考えると、コワーキングスペースの方が快適でコスパが良いこともあります。
沖縄県でも定期的にイベントやセミナーなどを開催しているコワーキングスペースが各地にあるので、近い業種の方と仲良くなることが出来る可能性もあるでしょう。







-コワーキングスペース, 沖縄本島
-, , , , , ,

関連記事

思っているより都会。全国有数の人口密度を誇る沖縄県那覇市の経済事情

沖縄県と言うとどういうイメージがありますか? 国内の旅行先の人気投票はサイトによって異なりますが、沖縄県も上位によくランクインしています。 そんな旅行に行きたい場所「沖縄」の中心である那覇市について今 …

コワーキングスペースで住所の記載ができるメリットとは

フリーランスで働く人の大半は、自宅を勤務地としているでしょう。 確定申告など重要な書類の場合は、自宅の住所を書くことになりますが、仕事上の理由で公開する必要が出てきたとき、そのままクライアントに教えて …

どうやって決める?コワーキングスペースの選び方

フリーランスで働く人にとって、効率の良さは1番重視したい部分ですよね。 しかし、フリーランスの人は自宅で作業する方も多いので、つい怠けてしまうことも…。 今回は、効率重視!フリーランスの味方「コワーキ …

ちょっとした作業に!那覇新都心エリアでおすすめのカフェ

那覇新都心とは、沖縄県那覇市の北部にある再開発地区です。 大型ショッピングセンターや総合運動公園など、大きな施設が多く便利な街です。 目次 おもろまちってどんな所?実は1999年以前は違う名前だった! …

フリーランスの強い味方!沖縄・那覇近郊にあるコワーキングスペースまとめ

沖縄県の中でも那覇市は空港からゆいレールでアクセスしやすい地域です。 中でも国際通りは、牧志公設市場やお土産店が並ぶので観光で来た人は旅行中必ず一度は立ち寄るスポットといえます。 フリーランスやビジネ …