沖縄コワーキングスペース情報

沖縄本島・那覇を中心としたコワーキングスペース・シェアオフィス情報

コワーキングスペース 沖縄本島 那覇

ちょっとした作業に!那覇新都心エリアでおすすめのカフェ

投稿日:

那覇新都心とは、沖縄県那覇市の北部にある再開発地区です。
大型ショッピングセンターや総合運動公園など、大きな施設が多く便利な街です。

おもろまちってどんな所?実は1999年以前は違う名前だった!

おもろまちは、那覇新都心にある土地の一部で、方言を使った町名になっています。
1999年に住居表示実地による町名変更で決めれた町名で、元は「字安里・真嘉比・上之屋・銘苅」の一部でした。
おもろまちの、おもろを標準語にすると「思い」になるので、思いのある町ということになりますね。

那覇新都心は、白紙にされた計画が多く、どれも大規模な計画ばかりです。
白紙になった計画の中には、今建っている建物に変更されたものなどもあり、大都会を目指していることが分かります。
現に、おもろまちは交通の利便性がとても高く、一部のバスでは、起点・終点の両方になっています。

交通手段は、沖縄都市モノレールのゆいレール・路線バス・新都心内バスの3種類です。
ゆいレールの駅東口は真嘉比地区があり静かな住宅街ですが、駅西口は「那覇新都心」「天久新都心」と呼ばれるほど再開発が進んでいます。

おもろまちには施設が沢山!駅周辺の利便性を紹介

ゆいレールの駅西口を出ると、DFSギャラリア・沖縄が目の前にあり、下には交通広場が見えます。
那覇市の中でも他の場所に比べると高層の建物が多くあります。

1.駅前にある国内唯一の免税店「DFSギャラリア・沖縄」
2.レンタルも選び放題「ゲオ那覇新都心店」・「TSUTAYA那覇新都心店」
3.テナントのみの店舗数でも114店舗!映画館もある「サンエー那覇メインプレイス」
4.博物館と美術館の2つの魅力を併せ持つ「沖縄県立博物館・美術館」

今紹介したものは、駅から徒歩10分圏内にある施設です。
大型ショッピング施設が2つあることから、トレンドの物を探したり、アイディアを考え歩くのに便利ではないでしょうか?

また、駅の目の前にあるおもろまち交通広場には、上記で紹介したバス乗り場の他に、タクシー乗り場と無料の駐輪場があります。
ゆいレールやバスで長距離移動をして、自転車で近くの目的地まで行くことが出来るのは便利ですよね。
おもろまち駅から車で移動したい場合は、徒歩1分の距離に沖縄レンタカーがあるので、レンタカーで取材や気になる場所に行くのもお勧めです。

娯楽だけじゃない!おもろまちはビジネス特化地区?

沖縄那覇市と言うと、フリーランスの方に魅力的な地区と言っても過言ではありません。
本庁地区には、国や県庁地区の公的機関や金融機関も多く立地していますが、国内外企業が進出するためのビジネスも多くある地区です。
交通機関を上手く利用すると、20分で空港まで行くこともでき、交通の利便性でも優秀な地区です。
そんな本庁地区の最寄り駅の1つに「おもろまち」が含まれています。
ビジネス街でもある本庁にすぐに行ける「おもろまち」は、施設以外は低い建物が多いですが、沖縄県で最も高い高層ビルが2軒も建つほど立派な街です。
本庁地区に近いからこそ、高層ビルや施設、利便性に特化された街になったのかもしれませんね。

那覇市のおもろまちは、フリーランス向けの街?

先ほどお伝えしたように、おもろまちにビジネス地区や他の地域へのアクセスのしやすさや複合施設が駅前にあるなど、思った以上に都会です。
「今後の将来を思った街」と言う意味だったのかも?と思うと、色々な挑戦がしたくなる街ですよね。

那覇市はIT地区でもあり、IT人材の育成などに取り組む活動をしています。
フリーランスでエンジニアなどのIT関連をしている方にとっては、希望が持てますね。

おもろまちの豆知識として、ゆいレールで唯一駅名に中国表記が存在しておらず、案内をする時は英語表記で「Omoromachi」と示されるようです。

おもろまちで仕事をするなら、ここがお勧め!

おもろまちは、紹介した通り大都会で、本庁地区に近いためか、人口が多く、有名な店は比較的に混んでいることが多くあります。
そのため、複数のカフェやコワーキングスペースの場所を覚えておき、その日の気分と混雑具合で作業場を選ぶことをお勧めします。

T’S STYLE COFFEE 那覇新都心店

自分が特化している職の書籍を購入しようと思っても、種類が多く、金額と置き場に困りますよね。
この店では、本を参考にしつつ作業を行うことが出来るので、書籍で調べたい時にお勧めです。
この店を選ぶときに気にしてほしいのは2つ、「大きな音」と「タイミング」です。
幼児向けの絵本もあるので家族で利用する人も多く、同じように作業する人など長居する人が多いのが特徴です。
自分の作業効率に影響が出ない時間を狙いましょう。

場所  :沖縄県那覇市おもろまち4丁目2-8(TSUTAYA那覇新都心店内)
営業時間:8時〜22時、不定休

Cafe ONE OR EIGHT

こちらの店は、カフェでパソコン作業を行いたい、ついでに情報発信も行いたいと言う人にお勧めです。
おもろまち駅からは20分と少し離れていますが、駐車場30台完備と少し離れていても利用しやすい工夫がされています。
店内は、1階がカフェ、2階が自習スペースになっており、書籍・雑誌・電源・Wi-Fiが全て無料で利用可能です。

場所  :沖縄県那覇市おもろまち3−6−14
営業時間:7時〜22時、第2火曜日のみ定休日

ENGLISH GARDEN

少し特殊なカフェ「ENGLISH GARDEN」は、英会話教室とカフェが1つになったお店です。
全席コンセントとWi-Fi完備、フリードリンクに窓側カウンターと、勉強や仕事をする人にとって嬉しい環境になっています。
英会話も無料体験が可能なので、英会話を習いたいフリーランスの人には一石二鳥の店ですね。
この店を選ぶときに気にしてほしいのは2つ、「机の広さ」と「フードのボリューム」です。
ガツンと食べたい人には少し物足りない可能性があることと、A5サイズのノートPCとノートなどを広げると食事を置くスペースがなくなってしまいます。
ソファ席を選ぶ際は、その日の作業が机のスペースに合っているかを確認してからにしましょう。

場所  :沖縄県那覇市銘苅1-4-13 2F
営業時間:月〜金曜日は10時〜22時、土日祝は10時〜19時まで

カフェやコワーキングスペースより、個別の作業場が欲しいと言う方はシェアオフィスやレンタルオフィスを探してみましょう。
おもろまち駅は交通の利便性が高く、IT特化地区に近いため、ゆいレールやバスを使えば、紹介した店以外にも作業向けの店が多数あるかもしれません。
自分に合った環境を探して、お気に入りの店や効率アップし幼な環境、話の合う仲間を探してみてくださいね。







-コワーキングスペース, 沖縄本島, 那覇
-, , , , , , , , , , , ,

関連記事

コワーキングスペースで住所の記載ができるメリットとは

フリーランスで働く人の大半は、自宅を勤務地としているでしょう。 確定申告など重要な書類の場合は、自宅の住所を書くことになりますが、仕事上の理由で公開する必要が出てきたとき、そのままクライアントに教えて …

どうやって決める?コワーキングスペースの選び方

フリーランスで働く人にとって、効率の良さは1番重視したい部分ですよね。 しかし、フリーランスの人は自宅で作業する方も多いので、つい怠けてしまうことも…。 今回は、効率重視!フリーランスの味方「コワーキ …

思っているより都会。全国有数の人口密度を誇る沖縄県那覇市の経済事情

沖縄県と言うとどういうイメージがありますか? 国内の旅行先の人気投票はサイトによって異なりますが、沖縄県も上位によくランクインしています。 そんな旅行に行きたい場所「沖縄」の中心である那覇市について今 …

長時間作業をしたい人に!沖縄でフリードリンクを飲めるコワーキングスペース

パソコン作業を自宅で行うのは、億劫になりマンネリ化してしまいますよね。 そういう時におすすめなのが、長時間滞在可能なコワーキングスペースやカフェです。 県が対策としてWi-Fi整備と整えているので、探 …

IT特区があり、Web系の中小企業も多い沖縄。エンジニアにとって働きやすいのか?

ITエンジニアは基本的にクライアントから受託されてサイト制作やアプリ開発を請け負っているでしょう。 フリーランスで働いていてクライアントがすでにいる場合は気にする必要はありませんが、IターンやUターン …